寄り添う

今年の夏

仲良くしていたお友達と永遠のお別れをしました。

 

 

同じ年頃の子をもつ悩みから喜び、そしていっしょに通った職場の話まで・・・・何気ない日常を心おきなく話せる仲でした。

 

8/10

「午後、会いに行こうか?」

 

  Re「嬉しい 顔見たいけど今日は朝からイマイチ調子悪くて・・・ごめん」

 

「では また 調子いい時に行くね」

 

  Re「はい。ありがとう」

 

 

8/12

「おはよう!今日は涼しい朝でした。空は秋のような空でした」

 

 

8/13

「おはよう まだ・・・返事が来る気がします。

 今日はやっと雨が降りました。まだ散歩に出ていいません」


8/18

空からのメールを受け取りました。

 

用意周到で些細なことに気づく彼女は私をいつもフォローし応援してくれました。

寄り添ってくれたのは私ではなく彼女です。

 

40代から50代まで

 

一番凝縮した時期をともに過ごした人でした。

 

沈んでばかりもいられません。

でも、少しずつ忘れて行くのも悲しです。

 

 彼女を知るごくわずかな人に

ぽつぽつと話し 聞いてもらい 癒えています。

 

久しぶりに 彼女がいる空へメールしてみました。

 Re・・はありませんでした。

 

返事をしない・・という彼女なりのメッセージなのかな。。。。

 

私のこと書いちゃってぇ~と笑っているかな。

 

正しいものは正しい!と最後まで自分を貫き通して生きた貴方のこと、ここに書き留めておくね。

私は、あなたの分まで がんばるよ。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    t.n (土曜日, 21 11月 2015 23:21)

    あなたが居てくれたから、彼女も頑張って来れたと思います。
    いつも私たちの分まで彼女に寄り添ってくれて、ありがとう 感謝しています。彼女とは、永遠の別れになってしまいましたが、彼女を忘れる事はないでしょう 大好きな友達だから

  • #2

    aromaromama (火曜日, 01 12月 2015 20:39)

    t.n様
    ありがとうございます。そうですね、私の中に刻まれています。時々思い出を浮かべたりしています。