認知予防として取り上げられたローズマリー

ハーブ栽培同好会へお招き頂き、アロマについてお話させて頂きました。

 

講座の内容として「ローズマリーとラベンダー」についてを準備していたところ「たけしの家庭の医学・・」で認知症予防の精油としてとりあげられタイムリーな講座となりました。

 

講座内容の一部ですが参考になれば幸いです。

-------------------------------------------

<ローズマリー>

*ローズマリーカンファー *ローズマリーシネオール*

ローズマリーベルべノンの3種があります。

ローズマリーカンファーには神経毒性と肝毒性があります。ホームケアとしては安全性を考慮しローズマリーシネオールの使用をお勧めします。

 ----------------------------------------------

アロマへの期待ばかりが先行し、使用方法を間違っては本末転倒になってしまいます。注意したいものです。

 

※注釈※

カンファー、シネオール、ベルべノンの分類はローズマリーに含まれる芳香成分の含有分によります。

ローズマリーカンファーはケトン類で箪笥の防虫剤に樟脳として使われてきました。特に筋肉のコリの改善に使用されることが多い精油です。

 

写真はお土産で頂いたハーブの苗です。育てる楽しみがまたひとつ増えました。ありがとうございました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    足立武子 (土曜日, 15 3月 2014 19:59)

    今晩は、昨日は私共の、ハーブ栽培同好会に講師として、お出向きいただき有難うございました。
    一番身近に生育している、ロウズマリーの活用の多さに改めて感動いたしました。お話お参考にロウズマリーオイルお作り,元気な朝お迎えl、素敵なプラチナライフ(^◇^)と願っています。
    先生の益々のご活躍、お祈り申し上げます。

  • #2

    aromaromama (土曜日, 15 3月 2014 21:47)

    足立様
    こちらこそお世話になりました。
    頑張りましたが、伝えられたでしょうか(^_^;)
    皆様の優しさに支えられたような包まれたような・・・
    植物を愛する人は素敵な方ばかりですね。
    頂いたハーブの苗の成長もとても楽しみです。
    ありがとうございました。