イランイラン


イランイラン 

学名 Cananga  odorata(カナンガ オドラタ) 科名 バンレイシ科

種類 高木

産地 フィリピン、マダガスカル、コモロ、セイシェル、インドネシア

抽出部位 花  

香り エキゾチックで強い香り。この香りに惹かれやみつきになることもあるようです。甘すぎる香りに抵抗がある場合は柑橘類をブレンドすると濃厚な中にも爽やかさを感じることができます。

 

学名のodorataは《香り》という意味が付けられるほどインパクトがあり強い香りです。デ・オドラントという言葉を日常よく使いますが 《脱・香り》という意味なんですね。 

イランイランとは「花の中の花」という意味を持っています。その強い香りに最初は抵抗があるかもしれませんが好きになるとうっとりとした気分になり心身ともに安らかになることはまちがいないでしょう。

 

♡日常のストレスやイライラを鎮めてくれます。又、性を解き放ち、多幸感や官能的な高揚感、安心感、受容性を与えてくれます。そのようなことから俗に異性を惹きつける香りとささやかれているようです。

又、日常のストレス、イライラを鎮めストレス性の不整脈や動悸を鎮めてくれたり血圧を下げる作用もあります。

セクシャリティな問題(セックスレス、不感症、インポテンツ)などにも使われる例もあるように、自信や信頼感を与えたり解放的になる香りです。


♡筋肉痛や筋肉の痙攣、月経痛の緩和。過度の緊張からくる過呼吸、過度に早い心拍数をスローダウンさせてくれます。

 

♡皮膚に対しては皮膚分泌の調整作用があるので乾燥肌、脂性肌どちらもベストな皮脂分泌に修復してくれます。脂っぽい頭皮や髪のキューティクルの保護などにも使われています。