ローズマリー


ローズマリーは 

■ローズマリー・カンファー■ローズマリー・シネオール■ローズマリー・ベルベノンの三種が

あります。

含まれる成分の違いから用途も使用法も違ってきます。

カンファーは筋肉系の症状、シネオールは去痰作用があり風邪や気管支のトラブルに使われま

す。ベルベノンは肉料理によく使われています。代謝促進や肝臓、胆のう機能の調整をしま

す。

◆ローズマリー・カンファー

学名 Rosmarinus officinalis ct.camphor

(ロスマリヌス オフィキナリス カンファー)

科名 シソ科 種類 低木

産地 フランス、スペイン、チュニジア、イタリア、モロッコ

抽出部位 花と葉

香り スーッとした印象強い香り

注意事項 主成分のカンファーは神経毒を起こすことがあるので高濃度での使用や頻繁に使用

することは避ける。

◆ローズマリー・シネオール

学名 Rosmarinus officinalis ct.cineole

(ロスマリヌス オフィキナリス シネオール)

科名 シソ科 種類 低木

産地 北アフリカ、チュニジア、モロッコ

抽出部位 花と葉

香り カンファーよりスッキリ感がソフトでどことなく甘さも感じられる。


◆ローズマリー・ベルベノン

学名 Rosmarinus officinalis ct.verbenone

(ロスマリヌス オフィキナリス ベルベノン)

科名 シソ科 種類 低木

産地 フランス、スペイン

抽出部位 花と葉

肉の臭みをとり消化を促進させる香りとし料理に欠かせないハーブ

♡うつ状態や不安が続く時、意欲がわかない時、気分を上げたい時。

身体♡代謝促進、肝機能の調整、リンパや静脈のうっ帯除去作用があるのでむくみ解消にも用

いられる。

肌♡肌のはり、しわの予防、フケ、脱毛予防